メンズメイク検定1級ロゴ

目的

メイクを多用なファッションで楽しめる応用力を手に入れる

①パターンを知ることでメイクの幅を広げる感性を養う
②難易度の高いテクニックを身につける
③1級の範囲を教えることが出来る*。

*実技試験の合格判定を試験官として行うには認定ライセンスが必要です。

 

メンズメイクの教科書(1級)

方向性が多様なパターンを知ることができる

メイクのパターンは無限。シチュエーション×関係性×趣味嗜好などによって在りたい姿が決まってくる。どんな時にどんなメイクをすると楽しいのか、イメージができるようにパターンごとにストーリーシーンの解説を丁寧に付記し、なぜぞのメイクにしたのかを参考にして頂くことが出来ます。

パターンはメイクの在り方の”絶対”を提唱するものではなく、”考え方”の一例として学んでください。

ハイレベルなテクニックを学ぶことができる

2級では基本的なメイクの技術と印象の違いについて学びました。1級では顔の骨格タイプ(丸顔、面長、逆三角、ベース形、求心顔、遠心顔)に合わせたメイクのコツ、髭やニキビのハイレベルな隠し方、アイラッシュのパターンの違い、細やかなリップの作り方、下地の色の違いの意味など応用力を身に付けられます。

お洒落で見ているだけで楽しい

表紙のデザインについて、検定色をあえて弱め、ファッション誌のようなお洒落でカッコよい雑誌風にしました。手に取りやすく、男の部屋や美容に関連しないところにも飾って置きやすいです。

メイクは化学の芸術。メイクのパターンやテクニックについて「なぜそうなのか」を徹底的に記載しており、わかりやすいことに加えて、ロジカルな思考が男心をくすぐる楽しさがあります。

※1級の教科書は現在制作中です。

(2級)教科書の購入

問題集

web問題集だから採点が自動で楽チン
ニガテなところだけを繰り返し解くことができる自動最適化機能付き
いつでもどこでもスマホからも勉強デキる
テキストに沿った内容で理解度の確認に役立つ
試験問題も同じ問題が出るから試験対策になる

受験

1級にはweb試験と実技試験の2つがあります。

お申し込み

初めての方は決済ページよりご購入下さい。(ただいま準備中です)

購入時に入力頂いたメールアドレス宛に「紐付けコード」が発行されます。会員ページより紐付けコードを入力し、商品の紐付けを行うことで受験が可能になります。

なお、既に会員ページで登録済みのメールアドレスにてご購入頂いた方は、自動的にアカウントに紐付けが行われるため、紐付けコードは不要になります。(自動紐付けは事前にアカウントの登録が必要になります)

初回の申し込みにより、web試験と実技試験でそれぞれ1回ずつの受験が可能になります。2回目以降の受験は再度受験料が必要となります。2回目以降の受験は会員ページより試験ごとに購入が可能になります。

受験資格は商品の購入から90日間有効です。
※受験資格については利用規約をご確認ください。

web試験

問題集から出題されます。期間内であれば好きなときに受験することができます。協会の会員ページよりweb試験を開始してください。

問題数 は 20問、解答時間 は 40分です。

自力であれば、テキストなど活用しながら受験して頂いて結構です。他力を借りる受験は認めません。発覚した場合、失格となる可能性があります。

合格基準 は 正解率70%以上(14問以上正解)。

すべて回答し終えたら、自動採点で結果がわかります。

実技試験

実技試験の流れ

実技試験の流れ_メンズメイク検定

実技試験の目的は応用の技術が身に付いていることの確認です。セルフメイクの各メイクステップを確認します。

お申し込み方法は会員ページより希望される実技試験会を選択してください。一度申し込むとキャンセルや変更ができませんのでご注意ください。

実技試験には対面と非対面(ZOOMなど)があります。

注意事項や詳細は「実技試験の当日について」をご参照ください。

合格後

合格結果は会員ページ及びご登録頂いているメールにて通知されます。
合格者には賞状が登録頂いているご住所へ送付されます。
合格者は名前を当協会の合格者検索ページにて掲示することできます。
掲示は本名を伏すことができます。

活用

メンズメイク検定1級を合格したらビジネス登録(無料)することができます。
登録者は「メンズメイク検定」の商標を活用してビジネスをすることできます。
スクール、合格者による商品開発などPR活用、美容師のメニュー提案時etc

活用可能な範囲は利用規約をご確認ください。

実技の合格判定は1級を合格しただけではできないことにご注意ください。
(実技の合格判定は1級を合格して有料の認定ライセンスへ登録すると可能です)

実技試験の免除

各種証明書を提示することによって、実技試験を下記の方は免除申請をすることが可能です。

  • 美容師試験に合格した方(合格証書)
  • 本業として美容部員やメイクアップアーティストとして3年以上のキャリアを有すること(勤務証明書*)
  • 当協会と提携して認定を受けている専門学校やメイクスクールの講師経験があること(勤務証明書*)

*当協会が用意しているフォーマットによる証明書が必要です。
試験費用が減額されることはありません。
免除申請を行う場合、実技試験を受けることはできません。
実技試験について理解した旨の同意書へのサインが必要です。
なお、当検定の正確な理解のために、web試験は免除ができません。

ビジネス目的で受験される方は注意事項をよくご確認ください。

受験のお申し込み

1級はただいまお申し込みできません。

(2級)受験の詳細はこちら